8月7日に「ものと語り」オンライン発表会を開催します

「ものと語り」オンライン発表会

 2020年8月7日(金)13:30より開催 

monotokatari_online2020flyer_mpdf

日頃より書いたり、切ったり、握ったり、並べたり・・・とにかく何かをつくっている障害のある方。もしくは、その創作物や表現行為の魅力を側で感じている、ご家族、支援員、友人知人の方。できたものや出来るまでの写真をもちよって、ものの魅力や出来るまでの背景を語りませんか?


上手く語れなくても大丈夫。ゲストの聞き手があなたの作品の魅力や秘密を聞き出します。オーディエンス参加も大募集。ゲストの聞き手とともに発表者の語りを引き出しましょう。

新潟県アール・ブリュット・サポート・センター(NASC)の活動に興味はあるけど今まで都合がつかなかった、会場まで遠くて時間が取れない。そんな皆さま!今回はオンラインで作品を語り合います。ご自宅から、施設から、学校から、どこからでも参加可能です(※要インターネット環境)。皆でみんなを応援しあいましょう。

日時

2020年8月7日(金)13:30~16:30(途中休憩有)



参加条件/申込み  必ず事前申込みください。参加費無料


[A]作品を発表したい方 定員:15名 締切:7/27(月)

 対象:新潟県内にお住まいの障害のある方、またはその周りの方

 ◎エントリーフォームから作品画像を送ることができること。

 インターネットの通信環境が準備できること。

 (できない場合はサテライト会場へ来ることが可能なこと。)

 ◎エントリーされた方へは、7月31日までに参加の可否についてご連絡いたします。

[B]発表を見たい方(オーディエンス参加) 締切:8/6(木)

 対象:どなたでも 定員:なし

 ◎事前に申込みフォームからお申込みください。


会場

オンライン上の部屋(アプリZOOMを使用します。)


[サテライト会場] 定員:各15名

高田小町(住所:上越市本町6丁目3−4)

新潟ユニゾンプラザ研修室2(住所:新潟市中央区上所2丁目2番2号)

※通信環境が整わない等の理由で自宅からの参加が難しい方は、サテライト会場にて発表、オーディエンス参加が可能です。

※当日は字幕表示(UDトーク®)を行う予定です。



ゲストオーディエンス

江口歩さん(新潟のお笑い集団NAMARA

小林竜也さん(はじまりの美術館

武田和恵さん(やまがた障がい者芸術活動推進センター ぎゃらりーら・ら・ら

桑原洋行さん(新潟県障害福祉課)



「ものと語り」賞 を決定 作品と作者へ会いに行きます!副賞もあり!

発表を通してゲストが「ものと語り」賞を選びます。選ばれた方の元(制作現場等)にNASCアートディレクターが伺わせていただきます。副賞として金一封もあり。発表しきれなかったことなど、改めて様々なお話をお聞かせください。



[参加にあたっての注意事項]

・定員を超えた場合は参加をお断りする場合があります。

・オンライン会議のアプリ「ZOOM」の使い方は各自お調べいただき、ご参加ください。発表会当日はアプリの使い方につきまして事務局はサポートできませんのでご了承ください。

・発表される方(A)へ、事前にアプリ「ZOOM」の接続テストを行うことができます。日程は申込み後、調整させていただきます。

・サテライト会場では、対象となる感染症拡大予防ガイドラインに則った対策をいたします。来場者の皆さまのご協力をお願いいたします。



monotokatari_online2020flyer_mpdf

 [A]作品を発表したい方 定員:15名  エントリーフォームはこちらから


 [B]発表を見たい方(オーディエンス参加) 申込みフォームはこちらから


0回の閲覧

新潟県アール・ブリュット・サポート・センターNASC

〒943-0834 新潟県上越市西城町2-10-25大島ビル307号室 info@niigata-artbrut.net